マンモトーム生検に行ってきた話

40代の美容と健康

皆さんこんにちは、お元気ですか。
今日はもう金曜日なんですね。びっくりしました。
ゴールデンウィークが水曜日までだったので、木曜、金曜とがんばれば週末という状況が嬉しいです。

 

昨日はマンモトーム生検の日でした。
家でじっとしていると色々考えてしまって嫌なので、午前中だけ出社して仕事してきました。この方が、気持ちが他に集中できたのでかえってよかったです。

 

指定されたバストバンドを購入して、いざ受付へ。
30分以上待ちましたが、その間ひたすらしていたのがネット。
ちきりんのTwitterを読みあさっていました。
やっぱり面白い、ちきりん。
ブログも色々気づかされることが多くて面白いのですが、Twitterも“ナウ”な出来事に視点鋭く触れてあって、現実逃避にはちょうどよかったです。

▼今ちょうど図書館で借りて読んでます。
過去のツイートをざっと読みできて良き。

で、とうとう検査室に呼ばれたら、なんだかたくさんの人(医者と看護師)がいました…。
みな親切で、そのあとは言われるがままだったのですが、とにかく怖い、緊張する!

「そんなに緊張しなくて大丈夫ですよ〜」と言われたのですが、だって注射も針もひたすら怖い。でも麻酔をしたおかげか、施術中に痛みはなかったです。

肝心のしこりは、まだ小さめみたいで良かった。
これが悪性だったら、一気にがんなんだよなあ〜。
くよくよと考えていても仕方ないので、ひたすら気持ちを楽に保つしかありません。
頭の中にはヒャダインの「イーアルカンフーで、ラップ」(←前日聴いてた)が流れていました。

 

その後はぶっといバストバンドを胸に巻いて、普通に家に帰って図書館などに行きました(割と元気)。
麻酔が切れると痛くなるかなと思ったけれど、特にそんなことはなくて良かった。
バストバンドは、苦しいので夜にはもう外してしまいました。
寝る時に体勢によっては少し痛みましたが、特に出血もなく大丈夫みたいでした。

 

私のこの体験が少しでも誰かの励ましになればと思って書きました。では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました