以前やっていた「がんばる舎」を再びやることになったきっかけ

育児のキロク

以前息子の時に申し込んだ「がんばる舎」。
娘が小1になったので、今度は娘にやらせてみることにしました。

 

娘ががんばる舎をやることになったきっかけ


(ぼろぼろですみません。プリント式だと取り出しやすく、達成感もあるように思います!)

幼児期の頃は、市販のドリル(くもんやgakken)で自宅学習をやらせていました。
小学校1年生になったタイミングで、少しレベルを上げて小学生向けのドリルを購入してみたのですが、進み具合が早く、簡単な足し算(5以下の足し算)がすぐにやや難しめ(5以上の足し算)になってしまい、すぐにつまづいてしまいました。

娘の場合、まだ基礎学習がしっかり身についていなくて、少しでも難易度が上がるとすぐに「できなーい!」とかんしゃくを起こしてしまいます。

まずは小学校でやる運筆や数の数え方など、基礎の基礎からじっくりと取り組ませたいと思い、ドリル選びに悩んでいました。

そんな時、ふとこのブログを読み返す機会があり、思い出したのが「がんばる舎」。

小学校と同じ速度で勉強させたいなら、がんばる舎でいいじゃん!とひらめき、娘のために「がんばる舎」のお試し教材に申し込みました。

すると、思った通り。がんばる舎は小学校の教科書と同じ進行速度なので、本当に簡単なレベルからじっくりと復習させることができ、娘の学力には合っていました。

息子ががんばる舎をやめたきっかけ

ちょうど同じくらいのタイミングで、息子が小学1年生になった時にやらせた「がんばる舎」。半年くらいは続けていましたが、やめることになったきっかけは、息子は基礎学力がやや高くて逆に合わなかったからです。
それに、息子は思考することが得意なタイプで、じっくりと考えさせるような問題を与えたいなと思いました。

そんな息子には「ハイレベ」と呼ばれるドリルをやらせています。

 

算数が得意だと自負する息子は、標準レベルはわりとすいすいと解けますし、ハイレベル問題は悪態をつきながら(笑)、でも楽しみながら取り組んでいます。普段少し難しめな問題に取り組んでいるおかげか、学校のテストは解きやすいように思えるらしく、それも良かったなあと思っています。

でも娘の基礎学力はまだまだ低いので、「がんばる舎」でじっくりと理解力を養うところから取り組む予定です。

自宅学習の際の子どものドリル選び

色々とやらせてみて思った結果、子どものドリル選びは、「いかにその子の学力に合っているか」が大事だなあと思うようになりました。
難しすぎるとヤル気をなくすし、簡単過ぎても楽しくないんです。
特に低学年の頃の勉強は、いかに集中力を持続させるか。勉強は楽しいと思い込ませるかにかかっているので、ダラダラと勉強させず、短時間でスパッと取り組ませるかが大事です。学力レベルに合っていないドリルをさせても、多分うまくいきません。

 

くもんや塾もいいと思いますが、低学年のうちは特に、子どもの学力を親が把握していることが大事なので、最初は自宅学習で十分なのではないか?というのが拙い私の持論です。

とにかく、「がんばる舎」は、まずは机の前に座る習慣、教科書の復習をじっくりとさせたい場合は、なかなかおすすめな教材です。価格も月900円程度と安いので、懐も痛みません!(笑)
興味を持った方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

がんばる舎|幼児・小学生通信教育の家庭学習教材問題集
通信教育・家庭学習用の幼児教材『すてっぷ』(月々800円)、小学生教材『Gambaエース』(月々900円)を扱っております。プリント・ドリル形式の問題集で、1日1枚20分のお勉強を是非一度ご検討ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました