人間関係が少し楽になってきました

私のこと

このブログでも何度か書いている通り、私は人間関係が苦手です。単に一人が好きというのもあります。

人と一緒にいると気を使ってしまうし、いろんな情報が入ってきてモヤモヤしてしまうこともあるし、単に軽い雑談が苦手というのもあるし…

 

要は“陰キャ”で“人見知り”な私ですが、ずっと、そんな自分はイヤだなあ。変えたいなあと感じてきました。だけど最近少しずつ変わってきたような気がします。

 

子どもの卒園後、どんなにスッキリするかと思ったのに、どこかぽっかりと寂しくなってしまった自分がいました。

毎朝のように保育士さんやママさんと顔を合わせて少しだけしゃべるような、あの時間が憂鬱で面倒臭いと感じていたのに。

後から思うと、あの些細な時間こそが日常の癒しだったのだ、毎日にちょっとした彩りを添えるパセリみたいなものだったのだと気がつきました。

必ず食べないといけないものではないけれど、そこに少し添えられているだけでほっとする…。中身は変わっていないはずなのになぜか見た目が華やぐ…。ちょっとした会話や雑談で、私の日々の疲れや寂しさが随分と慰められていたんだなあと思います。

 

そして今、朝から誰かと顔を合わせることはもうないけれど、今でも週末には子どもを連れてよく公園に行っています。その公園には近所のマンションに住む割と仲の良いママさんと子どもたちがよく遊びに来ていて、特に具体的な約束をしたわけではないけれど、会うと気楽なおしゃべりを楽しみます。

約束ではないというのがポイントで、肩肘はらずにふらっとおしゃべりできるのがいいみたいです。

 

最近では、そのうちの一人にお部屋に上げてもらって、コーヒーを飲みながら子どもも交えてゲームをしたりすることも。最初は他人の生活圏に立ち入るようなことは何だか気も使うし苦手だよなあと感じていましたが、そんな私もだんだん慣れてきました(笑)。

 

私が人間関係においてあまり悩まなくなったポイントがあるとしたら、それは、「人に期待しないこと」でしょうか。

夫との関係でもそうですが、相手に期待すると、その分自分を追い詰めて、苦しくなってしまう気がします。相手をコントロールしないし、期待もしない。それが人間関係を楽にするコツなような気がしています。(私なんて、夫はもはや人生における“装飾品”だと思っていますから…!笑)

 

ママ友関係でもそうで、媚びない、悪口を言わない、気を使い過ぎない、相手のプライベートゾーンに立ち入り過ぎない…を守っていれば、変に疲れることもないし、決してこじれることもないような気がします。

相手選びもそうで、私は「人をうわべだけで評価して上から見るような人とは付き合わない」ようにしています。理由はただ何となく、一緒に会話していると緊張して疲れてしまうからです。他にも会話が「私が〜した」「私が〜思う」じゃなくて、「誰々が〜した」みたいな言葉ばかりだと、あまり楽しめないかもしれません。他人の話じゃなくて、その人自身の話を聞きたいなあと思ってしまいます。

 

私は割と物事をストレートに言ってしまうタイプですが、人のことを傷つける発言はしないようには気を付けています。あと、上部だけのツルツル会話も最初はいいのですが、関係が深まれば、ある程度心を許せる友達関係を築けたらいいなあと思っています。

 

そんなわけで、最近は人との付き合いが前ほどしんどくなくなりました。

年齢に合う上手な人間関係を築いていくのって、一生の課題なのですね。

この歳になって、ようやく少し自分が大人になれたような気がして不思議な気持ちです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました