子供は自分をありのままに肯定してくれる稀有な存在である

ワーキングマザー日記

先日、ガラスのコップを落として割ってしまいました。

「あー!」パリーーーン!

もともと少しヒビが入ってたコップで、でも旅行のお土産だからと無理に使っていたのですが、ついに臨終が来てしまいました。

で、私の叫び声を聞いて、子供たちがワラワラと…。

あぶないから、下がってなさい!という私の声に一応したがい、遠巻きに眺める子供達。

落ちたガラスのかけらを焦って拾おうとして、指を怪我してしまいました。

「ママ!大丈夫!?」

ばんそうこう持ってきて!」

「わかった!」

「ぞうきん持ってきて!」

「わかった!」

「掃除機持ってきて!」

「はーい!」

ガラスコップを落としたエリアが私の出口を塞いでいるために、身動きできない私のために、実に素直に子供たちが手伝ってくれました。

それに、たくさん心配してくれました。

「ママ大丈夫?」

「うわ、大変!」

そんな素直な声かけに、なぜかすごく癒されたのです。

子供たちは、6歳と8歳。

まだ反抗期のない可愛いお年頃です。

私のことをちゃんと心配してくれ、困った時には打算なく助けてくれる。

そんな小さなことが、この年齢になると、なんだかものすごく貴重なことのように思えてきます。

それに気づいたら、私自身がとても癒された気がしました。

この素直さ、いつまで続いてくれるのか…。

なるべくなら、いつまでも子供に慕われる母でいたいなあと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました