久しぶりに来た旧友からのメッセンジャーの謎

私のこと

久しぶりに来たダイレクトメッセージ

昨日Facebookに投稿したら、長らく会っていない知人(男)から突然メッセンジャーからメッセージが来ました。

彼とは10年以上前に何かのセミナーで知り合って、特に親密でもなく1回くらいは一緒に出かけたりしたことはある程度の間柄でした。

「久しぶり。急に思い出して連絡してみた」

「久しぶりだね、元気?」

こんな感じで私も気軽にメッセージを返していたのですが。

「ちょっと電話できる?」

直感的に嫌な予感がして断ったのですが、しばらくしてボイスメッセージを送ってきました。

「久しぶりに近況とか話したいんだけど。研修とか興味ある?」

あー…

これはやはり勧誘とかそれ系の類なんだろうな。

昔、実際に彼にそういう誘いをされたことがあって、その時はやんわりいやきっぱり断っていたので、最初からそれかな?と少し予感がしていたのですが。

「ごめん勧誘とかなら興味ないから断るね」

すぐにそう送ったら、そのまま何もなく会話が終わりました。

f:id:sunamichi:20210104163852j:plain

上京した頃に受けた洗礼

そういえば、私が上京してから3回くらいはネットワークビジネス系の勧誘を受けたことがあります。最初はただただびっくりというか、ぽかんという感じでその時の同居人に相談したところ「ああ、東京の洗礼を受けたね(笑)。」と言われました。

実際に相手への付き合いでセミナーにも行ったことがあります。何やらの講演を聞きましたが全く興味を持てず途中で寝てしまうくらいでした。

ここ最近は気軽に人と会うこともなかったのでそういうこともさっぱりなかったのですが、多分久々にそういう話題だったのだと思います。

彼自身のことは別に悪い人間だとかは思ってないし、断ってもしつこく何かということもなかったので、嫌いになることもなく終えられて良かったです。

私自身はネットワークビジネス系が善か悪かについては実はどうでも良くて、ただひたすら自分に向いてないし興味がないからです。

そもそも人としゃべるのが好きじゃない内向的な自分が何か商品を広めるとか、人を誘うとかができるはずがないと思っています。(あと商品にも全く興味がありません、たとえどんな商品を扱っていたとしても)

そういうことがあっても動じずにいよう

だから何が言いたいかと言うと、今回のできごとに私は全然動揺も嫌な気持ちもしていなく、「これは私が行動したことによる単なる副産物だな」と前向きに考えることができたことです。

もしかして、若い頃だったらそういったことにいちいちショックを感じていたかもしれませんが、40才になると色んな経験則から、どうなるかを予測することができます。

むしろ、私の投稿を見て久しぶりにメッセージをくれてありがとう、というくらいに感じました。

もしかしたら今後も私自身が何か行動することで、そういう思っても見ないことを引き起こすことがあるかもしれないけれど、それについてクヨクヨしたり落ち込んだりはしないつもりです。私も育児を経験して、メンタル的に少しはタフになってきたのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました