結婚というものの意味とメリットを考える。

以前から、「結婚」というものについて考えておりまして。。。

 

夫とは、仲が悪いわけではないのですよ。

以前みたいな恋人とは違う関係性になってしまったけど、ケンカもなく、会話がないわけでもなく。「戦友」とか「苦楽を共にした関係」ってヤツかな。

 

***

 

最近は、結婚する人が減っているそうで。

私には、なんとなく分かります。

 

そもそも結婚なんて、勢いがないとできないよ。

どんなに相手に愛情があっても、理解したつもりでいても、長年一緒にいたら、どんな関係でも「飽き」が来て、「現実」を突きつけられ、相手のいいところよりも悪いところばかり見てしまうようになる、それが結婚なんだから。

 

恋愛=夢、だとしたら、結婚=生活、であり現実。

「生活」に夢見続けていられますか?

ある程度、お金があれば、現実に直面せず夢も見続けていられそうだけど。

不倫する人たちのこと、分からないでもない。

 

でも、結局は、結婚って女性のためのものなんだと思う。

女性って、なんだかんだ言って、男性と同じくらいの収入を生涯に渡って稼ぎ続けるって難しい。

出産や育児もある。

そんな時に、結婚さえしてれば、少し力を抜くことだってできる。

結婚は、巣づくりみたいなもんですよ。

巣を作ってもらって、餌さえ運んでもらえれば、外で一人で生き抜くよりも、楽だし安全でしょう。

逆に、男性にとって、結婚のメリットが薄れているのかもしれない。

 

***

 

だから、若い女子にアドバイスするなら「結婚しなさい!だって女性にとって結婚は確実にメリットの方が多いから」って言うかな。

 

よく「家事分担」の話が言われるけれど。

今時の家事ってかなり自動化していて負担が小さくなっているし、そんな完璧にやらなくてもいいんじゃない?って思ってます。

 

最近知った、樹木希林さんの言葉が妙にしっくり感じました。

 

結婚なんてのは

若いうちにしなきゃダメなの。

物事の分別がついたら

できないんだから。

 

いや本当にそう!

 

あの派手な結婚式も、写真撮影も、若い頃だからこそできたわ(笑)。

 

そして「結婚しないと」という焦り、「いい人いるの?」と詰める親からのプレッシャー(汗)から解放されたのが、実は私にとっての最大のメリットでした。

 

とにかくやってみろ!合わなきゃ別れていい。

が私の持論です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました