子供の頃からの夢

お金のこと

今日は五反田まで脱毛をしに行いきました。

先月契約した脱毛(ひざ下)コースの2回目なんです。

ふだん地元ばかりにいてあまり街に出ることがないので、久しぶりな感じでなんだか嬉しいです。

少し早く着いたので、レミイ五反田をうろうろしていたら、イイ感じのトートバッグを見つけました。今使ってる仕事用バッグは持ち手がけっこうはがれてきて、いい加減痛んできていたので、前から買い替えたかったんです。

あと無印良品でも欲しいものを見つけてしまいました。

これ!www.muji.com

特に「ハーバル」の香りが気に入ったので購入してみました。

***

街を歩くと、どんどん欲しいものを見つけてしまいます。

でも仕事もしているとはいえ決してお金がたくさんあるわけじゃないから、すごく迷います。

でも結局、やっぱり買う!となって、結局いつも戦利品をホクホクとかかえて帰途につきます。

まだ学生の頃、早く社会人になりたい理由の1つが、「お金をたくさん稼いで自分の好きなものをたくさん買いたい」でした。

モスとかパスタとか、若い頃は美味しいものばかり毎日食べたいと本気で考えていました。

大好きな店に入って、いいなと思う服を思う存分買えたらどんなに幸福だろうといつも妄想していました。

大人になったらバリバリ働いて、たくさんの収入を得て、欲しいものをあれこれ買うんだと夢を見ていました。

でも私は氷河期世代。紆余曲折あり、結局思い描くほどの収入を得ることはできませんでした。

それでも今、こうして脱毛サロンに通ったり、バッグや雑貨などのささやかなものならば自由に買うことのできる身分を手に入れました。

大人になると、もっとお金を手に入れられると信じていたけど、実際に大人になってみると、生きるってことは経費がものすごくかかるということを初めて知りました。

住居、食費、光熱費、インターネット、保険、税金や年金、学費、子供を養うためのお金…。

それらを払っていたら、とてもじゃないけどお給料なんかすぐになくなってしまう。

***

皮肉なことに、今はそんなに食べすぎるとお腹を壊すし、服だって若い頃と比べると、だんだん似合うものが少なくなっていく。

若い頃、満たせなかった物欲を今になって満たしたいのに、大人になると本当に欲しいものじゃなくて、生きるための経費にばかりお金を使っている気がします。

だからたまにある「これが欲しい」って気持ちは大事にするべきだし、できるだけ満たしてあげようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました