kindle生活で変わった読書ライフ

学びと挑戦

少し前まで、「本は、やっぱり紙」派だった。

 

本の紙のカサカサした手触りが好きで、目に付くところにいつでも置いておいて、たまに気まぐれにパラパラめくったりできる親近感がいいなあと思っていた。

 

それに何と言っても紙の本は読み終えたら他の誰かに貸したり譲ったりすることができる。中古本としてメルカリで売ることもでき、旬の本なら、けっこういい値段で売れることもあった。

 

何しろ長年の私の夢は、「いつか広い家に引っ越したら、大きな本棚を買って、ずらりとお気に入りの本を並べたい」だった。

 

f:id:sunamichi:20200807093006j:plain

 

けれど、今年始めにkindleを購入して、kindle unlimited(※kindle読み放題定額サービス)に加入してからは、すっかり「本はkindle派」になってしまった。

 

電子書籍のいいところは、やっぱりかさばらないところだ。

 

読み終えた本の処遇を気にせず、1クリックで本を購入して、読みたい気持ちのままに読むことができる。

これまで私が買う本のジャンルはかなり偏りがあった。私が買う本は、つまり「所有したいと思う本」。中の写真が見応えがあったり、何度も読み返したいと思える本だったりした。でもkindleで本を読むようになって、あまりそこは気にならなくなった。純粋に「中身を知りたい」「読んでみたい」と思う本を、気の向くままに読むことができる…。それこそが電子書籍の醍醐味だと思う。

 

図書館をうまく利用していた頃もあるけれど、わざわざ出向く手間が面倒くさい。

読みたいその場でポチ、の気安さにはとうてい敵わない。

 

***

 

kindle unlimitedは、読める本はかなり限られてくるけれど、とりあえず何か活字を読みたい。雑誌などをパラパラめくりたい。の欲求にはかなり応えてくれるサービスだと思う。

たまにベストセラー本や以前から気になっていた本がラインナップにあると、非常にお得な気分になる。

 

そんな「気ままな読書生活」を続けていくと、家にある”だけ”な本たちの存在が気になってきて、少し前からどんどんメルカリに出品している。

ほぼ最低料金の300円台だけど、これが面白いくらいどんどん売れる。

何よりこれまで本が占めていたけっこうなスペースが空くのが嬉しい。

 

***

 

本って今の自分の気分やトレンドを、かなりリアルに捉えてくれるものだとも思う。

だから、読みたい本、今の自分の欲する本がどんどん変わっていくのは自然だ。

「本を所有する」のは、そういう意味でもう古いやり方なのかもしれない。

洋服のサブスクリプションも、これからは当たり前になっていくのかも。

そう考えるとワクワクした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました