自分の心にアクセスする方法

読んだ本

kindle unlimited生活続けています。

今日はこの本を読んでみました。

アカツキという会社の社長さん(まだ若い)のお話でした。

まとめると、自分の心に素直に幸せに生きようというメッセージ。

スピリチュアル寄りな話がわりと多いけど、実体験を元にしているせいか、すんなりと読みやすかったです。また、ちょうど並行してこちらの本も読んでいる最中で↓

途中で内容というか感覚がリンクしてきて、より上記の本で描かれている舞台への理解が深まったように思います。

とはいえ、1度読んだだけで心の深くに残るというほどでもなく、多分じっくりと自分の人生と照らし合わせて読むべき本なのじゃないかと思いました。

***

自分自身に向き合うというのは大人になればなるほど難しいなあと感じます。

若い頃や子どもの頃と違って、立場、世間体、やるべきこと、家族、しがらみなどがあるから、よりいっそう複雑になる。

あらゆる波から自分を守ろうとした結果、若い頃は柔らかな茹で卵のようだった自分自身の心が、いつの間にかカチカチの茹で卵になってしまっているなあと。

私なんか今やもう自分の感情とつながることさえ難しくて、だんだん感情はクールになり心が体よりかなり遠いところに行ってしまったような気がする。。

最後に思い切り笑ったり泣いたりしたのはいつ頃だろう。

自分が子どもの頃、大人というのは涙を流さないものだと思っていました。

たぶん、私の子どもたちもそう思っているんだけど、たまには子どもの前で泣いてみてもいいかな。

***

だって自分の感情に素直で、すぐに泣いたり怒ったりするのは社会人として大人として相応しくないっていう“常識的な”考えがあって。それに、社会人としてやっていく上で、心という感情のコアにすぐにアクセスできてしまうと、かえって辛いことだって大人の世界では往々にしてあるよね。

そんな社会人にとって、心をいつの間にかガチガチにしてしまわない方法。定期的に自分の感情にアクセスできる時間をもつといいのだろうけど、これがなかなか難しいのだ…。

たとえば、瞑想/映画や本を読んでぼろぼろに泣く/信頼のおける人ととことん語り合う/素晴らしい景色を見る/1人になる/心からワクワクすることを見つけて楽しむ/踊る・体を動かす…etc

最近、寝る前にストレッチを最近の習慣にしているのですが、これはなかなか良いです。体が確実にほぐれるし、だんだんと眠りのスイッチが入るのか、あくびが止まらなくなって、すんなりと眠りに入れるみたい。

私にとってこのブログも、自分の心にアクセスして確かめて、そっと吐き出す1つのツールとして役立っているんだろうな。

そんな思いで今後も続けていきたいなと思います。

皆さんは、どう思われますか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました