私にとって衝撃な事件がありました

考えたこと

ALSという体がだんだん動けなくなってしまう難病にかかり、安楽死を他人の手に委ねた女性の報道が世間で話題になっていますね。

この事件のことを知ったとき、私はものすごく衝撃を受けました。

世の中には、生きるのが辛くて死を選びたい。なのに自由に(という言い方はヘンかもですが..)死ぬことすらもできない人たちがいるなんて。それが衝撃でした。

いくつかの報道を通して、この女性の写真やツイッターを見る感じだと、生前はとてもアクティブで聡明な方だったのだろうなと思いました。

それゆえ、体の自由が奪われ、ただ息をし続けるだけの毎日が、どれほど辛かっただろうかと健康な私でさえ思いました。

「生きる」の定義って人それぞれ捉え方が違うものなのでしょうか。たとえ植物状態でも、それが「生きていることだ」と考える人もいるかもしれないし、今回の彼女のように、動くことも食べることもできない状態では決して「生きている」とは思えない人もいるかもしれない。

とにかく、報道の内容と、それについたたくさんのヤフコメなんかを見ていると、何だか無性に切なくて切なくて、ぽろぽろと涙が止まりませんでした。

長寿化社会に突きつけられる現実

この長寿化社会で、誰もが「きれいな死(=誰もが理想と考える「誰にも迷惑をかけずに、頭も正常なまま、眠るように静かに亡くなる」)を迎えることはもはや難しいように思います。だからこのことは、誰にとっても自分ごとであるように思います。

時々、老老介護の末、相手を殺めてしまう事件の報道なんかも見かけます。それも非常に切なく、苦しいことです。

そろそろ日本も、「死に方」という問題に向き合い、たくさん議論をし、何か一定の答えを出してもいい段階に来ていると思えます。

最近は、世間的にも以前よりは「死」について前向きに考える機会も増えているように感じます。でもよく聞かれる「尊厳死」「安楽死」といった話題はいまだタブーで、前向きに議論することさえも難しいのでしょうか?

 

この報道に関しては、色々な声が聞かれるようですが、「自由に生きて自由に死にたい」と心から思ったこの女性の決定を、私自身は尊重してあげたいと感じました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました