ダウントン・アビー映画公開が楽しみすぎる件

読んだ本

「ダウントン・アビー」という海外ドラマを皆さまご存知でしょうか?

あのキャサリン妃まで虜にしたと言われる、世界中でヒットしたイギリス発のドラマです。

日本では深夜時間帯にNHK総合テレビで放送していました。

2年ほど前にシーズン6が終了し、めでたく大団円を迎えましたが、ストーリーもキャラクターもよくできた、本当に素晴らしいドラマだと思います。

そのドラマの映画版が、この秋に公開されるとの情報を耳にしました!

f:id:sunamichi:20190717024557j:image

それからはダウントン・アビー情熱が再び燃えあがり、思わずアマゾンプライムで、シーズン1から数日かけて全話見返してしまいましたよ。

ダウントン・アビーについて、簡単に紹介!

20世紀前半、ダウントン・アビーというイギリスの館を舞台に、そこに住まう貴族と使用人が織りなす人間ドラマが中心です。

恋愛あり、イジメあり、戦争あり、没落の危機あり…で、1話1話が本当に一瞬でも目が離せないほどにエピソードてんこ盛りで、展開もスピーディー。

物語の幕開けは、あのタイタニック号の悲劇のニュースから始まります。

何だかドラマチックだと思いませんか?

ちょくちょくこういった史実が絡んでくるのが、このドラマに深みとリアリティを持たせ、更に面白いドラマになっているなあと思います。

そのタイタニック号に乗っていた、伯爵家の跡継ぎが亡くなったため、遠縁の親戚が村にやって来るところから、話がどんどん展開していきます。

話の中心にいる3姉妹(伯爵の娘たち)は、それぞれ性格が全く違っていて、お互いが足の引っ張り合いをしている始末。

それぞれにたくさんの恋模様も用意されているので、ラブストーリーも楽しめますね…♪

ちなみに私は3女シビル&トムの身分違いの恋に超萌えました(照)

初見はそうでもなかったのですが、再度見てみると、アレン・リーチが可愛くて仕方なくて。

あの子犬みたいな、下がり眉と目の具合の愛らしさが何とも堪らんです。

イギリスという国は、島国だし、国民性や歴史的にもどこか日本と共通する部分が多い気がして、親近感を感じます♪

今、政治的にも混沌としている感じがしますね〜…

日本もイギリスも、一体どうなってしまうんでしょうか?

映画版にもアレン・リーチの演じるトムのエピソードがあるようで、それも楽しみ…♪

今からワクワクしています。

 

<後日談>

ダウントン・アビーの映画版が、Amazon Primeにて無料で見ることができたので、見てみました♪
大好きな、変わらないメンバーたち…。
安心して見ることができました。

今回は、ダウントン・アビーの館に国王陛下が立ち寄る…という豪華なストーリー。
登場人物がたくさんなので、相変わらずいろんなストーリーがまるでパズルのように組み合わさっていますが、長年のファンなのでそれも含めて楽しめました。

 

心に残ったのは、ドラマシリーズで悪役的な立場でドラマを盛り上げていた、ゲイのトーマス。今回もかわいそうな役どころ…となりかけましたが、最後に救われましたね。
やっと、彼にも心を許せるのお友だち(恋人?)ができたかなと思えるような結末でした。
それにしても、この時代のゲイに対する冷たさと迫害の様子には胸が痛くなりました。

 

そして、トム!
私はトムが大好きなのです♪
映画版ではやっと最後に愛する人に巡り会えたようで、本当に心から拍手を送りたい!
あのトラウマになる愛妻との別れ…
お話の中ではほんの数年前の出来事だったことに今更ながら驚きました。

 

2人とも、人生に対して投げやりになることもありましたが、諦めることなく、最後に大切な人に会えて本当に良かったです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました