切迫早産で1ヶ月入院することになりました(泣)

急な話ですが、切迫早産で入院することになりました。

一昨日の妊婦検診の結果が良くなかったんですね。子宮頸管が短くなっていて、またお腹の張りも頻繁だということで、強制入院。有無を言わせず1ヶ月も病院に拘束されております。

でもまあ、意外に元気なのです。

もともと安静にしないといけなかったのについ動いてしまってたのは自分の責任。家で寝るか、病院で寝るかの違いかなーと前向きに受け止めています。さすがに1ヶ月はちょっと長すぎですけどね。

まず一番気がかりだったのはお金のコトでした

入院を告げられた時、真っ先に頭をよぎったのが金銭面の不安でした。
1ヶ月も入院したら一体いくらかかっちゃうの…!?けれど、落ち着いて調べてみたら案外大丈夫そう。

高額療養費制度という制度があり、保険適用分に関しては、限度額を超えた料金に対しては補助が出るみたい。よかった!

ここのサイトが分かりやすかったです。
切迫流産・切迫早産の入院費用
http://seppaku.com/money-2/nyuin-money/

要するに、費用の面で保険対象外となり気をつけなければいけないのは、食費や個室を選んだ際の差額ベッド代。
私は4人部屋ですので問題なし。(まれに4人部屋でも金額が発生することがあるらしいので注意!)
食費もおそらく一日700円程度。これは任意保険(1日5000円支給)でカバーできそうな感じです。
てか、任意保険入ってて良かったです。
ほんと、万一の時に役立つもんだなと実感しました。

一番の課題は、いかに暇をつぶすか!?

はい、贅沢な悩みかもしれませんが何せ1ヶ月もあるので。
しかも基本的には横になっていなければならず、点滴とお友達生活。1Fの売店に行くことさえ禁止と言われた時はさすがに落ち込みましたね。

とりあえずスマホipadは確保。極力、生活を快適にせねばの執念で環境を整えましたよ。
残念なことにWi-fiが通っていないので、速度制限のあるSIMで何とか乗り切っています。
RPGゲームでもダウンロードしたかったが、容量制限のためNG…)

せめてPCがあれば文章もガンガン打てるのですがタブレットだとやはり遅くなってしまいますね。
なので、このブログもこれまでとは違うスタイルに変更予定。
あまり凝った文章は作れそうにないので、備忘録程度の入院日記になるかな?

それはちょっと考え中。

とりあえず、私は元気です

image

とりあえず私は元気です。
もともと家から遠く離れていたぶんダメージも小さいのかも。

同じ病室の方と仲良くなったのですが、その方も同じ日に強制入院。

出産日も近く、上に男の子がいるということで共通点も多いみたい。長い入院生活、おしゃべりできる人がいるかいないかって何気に重要な気がします。この方とは波長も合いそうな感じで良かった〜

以上、ひとまず近況をお伝えしました。
ツイッタの方が気軽に更新できるのでそちらがメインになっていくかも。
よければフォローしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました